シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォーム済み中古住宅のホームインスペクションは必要か?

リフォーム済み中古住宅のホームインスペクションは必要か?

中古住宅を買うときにホームインスペクション(住宅診断)を利用することは今では当たり前と言ってもいいぐらいに利用されています。2018年4月からは、契約時に不動産会社が売主と買主の双方にホームインスペクションを利用するかどうか確認することまで義務付けられることが決まっており、中古住宅の購入には当然に検討すべきものとなっています。

このホームインスペクションは、中古住宅であればどのような物件でも利用するべきものなのでしょうか。特に、利用検討中の人から相談を受けることの1つは、売買する前に既にリフォーム済みである物件にもホームインスペクションを利用するべきかどうかというものです。

リフォーム済み中古住宅を購入する人は、これを参考にして判断すると買ってから後悔することもないでしょう。

リフォーム済み中古住宅では確認できないこと

一部の人が、リフォーム済み物件ならばホームインスペクションを実施する意味がないのではないかと考える理由は、主に以下の2点です。

  • クロスやフローリングを張り替えて綺麗になっているので、調べてもわからないから
  • リフォームで悪いところを補修しているはずだから

確かに、一理あるように思えます。しかし、必ずしもそうとは限らないため、安易に判断しない方がよいでしょう。

クロスやフローリングを張り替えて綺麗になっているので、調べてもわからないから

クロスやフローリングなど内装材をリフォームで新しくしている場合、確かにそれ以前に貼り替え箇所にひび割れなどの症状があったとしても、リフォーム後では確認することができません。リフォームしている範囲が広範囲に及ぶ場合は、確認できる範囲がそれだけ少なくなるということです。

内装を全面的にリフォームしている場合には、確認範囲は相当限られることになります。

しかし、内装そのものは新しくしたために以前のものを確認できませんが、下地材は以前のものが使用されていることも多く、また柱まで交換することもほとんどありませんから、内装仕上げ材を張替えただけでは、床や壁の傾き・歪みが改善されていないことは意外とあるものです。

ちなみに、一戸建ての場合、外壁まで交換していることはあまりないため、建物外部の確認は重要です。

リフォームで悪いところを補修しているはずだから

次に、リフォームしたときに、もし悪い箇所があれば補修しているだろうという期待感についてです。これは、残念ながら期待を裏切られていることは多いです。

リフォーム済み物件でも、不動産会社が買い取り再販している物件である場合は、表面的な補修しかしていないことが非常に多いです。買主が見た目のみで判断してしまうことが多いことを不動産会社は知っていますから、わざわざコストのかかるところまで補修しない業者は多いのです。

壁・天井・床の内装仕上げが新しく綺麗であれば、多くの人が他の問題点に気づきません。居住してしばらくしてから、壁の傾き、外壁サイディングの継ぎ目の異常な劣化など様々な問題に気づくことがあります。

リフォーム済み中古住宅でも確認できること

購入予定の物件がリフォーム済みである場合でも、ホームインスペクションを利用して確認できることは少なくありません。既に、壁や床の傾き・歪みを調査できることをあげていますが、それ以外にも確認できる大事なポイントをあげておきます。

床下を調査できる

床下の調査は、リフォーム済み物件でも重要であり、かつ意味のあるものです。リフォーム済み物件であっても、床下にある不具合まで調べて補修しているケースの方が少ないからです。買主が床下まで確認することはほぼないため、売主側もそこまでは補修しようと考えていないことが多いのです。

そもそも売主がリフォームするときには、床下まで確認することも少ないです。そのため、ホームインスペクションを実施したとき、床下で見つかった不具合のことを聞いた売主が驚いていることもあります。

断熱材や配管、基礎、土台、金物などの大事なチェックポイントをリフォーム前でも後でも確認できることは買主のメリットになります。

屋根裏を調査できる

床下と同様に屋根裏においても、売主が積極的に調べて補修しておくことは稀です。床下も屋根裏も、購入前も購入後も確認すらしない買主が多いことを不動産会社はよく知っているのです。

屋根裏では、梁などの構造部や断熱材、雨染みなどをチェックすることができます。

リフォーム工事の施工品質をチェックできる

リフォーム済み中古住宅を購入する上で、そのリフォーム工事の施工品質について考えているでしょうか。リフォーム工事の品質が悪いために、後々に問題が起こることもあります。物件を購入後に自分でリフォームする場合は、別途リフォーム工事のチェックを自分でするか専門家に依頼することになりますが、購入時点でリフォーム済みであるならば、購入前のホームインスペクションで一緒に見ることができます。

リフォーム済みでもホームインスペクションは必要である

ここまでの解説を読んでわかるとおり、リフォーム済み物件であれば、リフォームした箇所についてはホームインスペクションを利用しても不明点があるということです。しかし、それ以上にわかることも多く、利用する意義は十分にあるといえるでしょう。

但し、床下も屋根裏も点検口が無ければ確認することができません。リフォーム済み物件では、床下や屋根裏の確認は重要なことですから、点検口の無い物件は検討対象から除外することも考えたほうがよいでしょう。

○専門家に依頼するなら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする