シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅ローン金利の低下で借り換えの好機到来

住宅ローン金利

2016年に入ってから日銀がマイナス金利に踏み切りました。銀行が日本銀行にお金を預けると金利がマイナスに、つまり利息を支払わねばならないということです。

このマイナス金利のために、銀行は融資に積極的になり、個人や法人への貸し出し金利が下がります。今までも十分に低金利だとみられていた住宅ローンの金利もさらに低下しています。住宅ローンの金利が安いからマイホームを買おうという考えは、間違いではありませんが、購入時期の判断はその他の要因も総合的に考えて判断した方がよいのは当然です。

※住宅ローン商品によって金利動向が異なり、金利が上がっているものもあります。とはいえ、1年前に比べて下がっているため、金利低下ととらえてよいでしょう。

住宅ローン金利

ただ、既にマイホームを購入して住宅ローンを借りている人にとっては、この低金利は借り換えを検討するためのチャンス到来だと考えることができます。

住まいの殿堂においても「住宅ローンの金利一覧で金利比較」「住宅ローンの金利ランキング」といった住宅ローン金利に関するコーナーがありますが、金利の関心の高さからかアクセスが増えています。

実際に借り換えして効果があるかどうかは、返済シミュレーションを利用して比較してみるとよいでしょう。無料で利用できる「住宅ローンの返済シミュレーション」で試してみてください。効果がありそうであれば、「住宅ローンの一括審査申込み(新規借り入れ・借り換え)」で複数の銀行に一括で審査申込すると便利です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする