新築一戸建て住宅の建築工事の流れ

外壁工事:防水工事(透湿防水シート)の建築工事の流れ


外壁工事の流れを説明します。まずは、大事な防水工事で、透湿防水シートの施工です。

外壁の防水シート

 透湿防水シートは構造用合板の上にタッカーで留めながら貼っていきます。この透湿防水シートは、外壁の仕上材の内側に侵入してきた雨水を防ぐためのものです。

 そこで大事なのは、シートの重ね代です。上下の重ね代は100mm以上が基本ですが、シートそのものに重ね代を何mmとするべきか記載されていることが多いので、これを守るようにします。

 通常、この透湿防水シートはロールになったものが持ち込まれて、横方向へ張っていくので、ぐるりと建物を巻いていくようなイメージになります。よって、横方向の重ねる部分は生じないことが多いのですが、重ねる部分が生じる場合には重ね代が必要です。

 透湿防水シートの張る順序は、雨水の侵入を防止するため、下から順に張っていき、上側の透湿防水シートの方を上から重ねるように張ります。

 建物の角の部分(出隅・入隅)では、透湿防水シートで巻くように張り、角部にシートの切れ目をもってこないようにします。この部分の左右の重ね代は300mm以上とします。

サッシ周りの防水シートと防水テープ

 サッシ周りは雨漏りが頻発している箇所で、より慎重で丁寧な施工が求められます。透湿防水シートとサッシの間に隙間ができないようにするため、防水テープを貼ることが大事です。


○専門家に依頼するなら
住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査) 着工から完成まで複数回の第三者検査
住宅あんしん工程検査(建築中の1回のみ検査) 気になるときのみスポット検査 

知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^