新築一戸建て住宅の各工程の注意点とチェックポイント

基礎工事:基礎配筋の注意点とチェックポイント(1)鉄筋の径・ピッチ


基礎配筋検査

 基礎配筋工事のチェックポイントは多数ありますが、基本は設計図書と一致しているかどうかの確認です。現地で設計図書と1つずつ照合していく地道ですが、重要な検査を行う必要があります。

 ただ、設計図書に記載されていないものの、チェック(検査)しておくべき大事なポイントもあります。


 チェックポイントは、設計図書通りの位置、ピッチ(鉄筋と鉄筋の間隔)であるか、使用されている鉄筋の径(直径)が設計図書通りであるか、といった点です。

基礎配筋(底盤)の検査

 底盤(スラブ)の配筋は200mm間隔で行われることが多いですが、仕様は設計図書で確認しましょう。これはメジャーをあてて計測することになりますが、鉄筋の間隔(ピッチ)が部分的にずれていることもあるので、できるだけ多くのポイントで計測するようにしましょう。立上りの鉄筋も間隔(ピッチ)を確認しなければなりません。


 また、ゆがみがないかもしっかり確認しましょう。これは、目視で確認していくと良いでしょう。立上り部分の横筋(水平方向)が垂れていた事例もあります。

< チェックポイント >
 配筋の形状
 鉄筋の径
 配筋の配置
 配筋のレベル
 配筋のピッチ

○専門家に依頼するなら
住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査) 着工から完成まで複数回の第三者検査
住宅あんしん工程検査(建築中の1回のみ検査) 気になるときのみスポット検査 

知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^