新築一戸建て住宅の各工程の注意点とチェックポイント

基礎工事:基礎配筋の注意点とチェックポイント(3)かぶり厚


 次にかぶり厚の注意点とチェックポイントです。かぶり厚とは、鉄筋からコンクリートの表面までの距離です。このかぶり厚はコンクリートを打設する前にチェックしなければなりません。

かぶり厚

 基礎の立上り(土に接する部分)のかぶり厚は40mm以上とし、底盤(土に接する部分)のかぶり厚は60mm以上とします。このかぶり厚を確保するために、スペーサーが使用されますが、このスペーサーが適切に設置されているのか確認する必要があります。

 底盤部分のスペーサー(サイコロ)が鉄筋からずれて、鉄筋が部分的に下がってしまい、必要なかぶり厚を取れないことがあります。

 上の写真は、基礎立上り部分です。白く丸いものが見えますが、これがスペーサーです。

 下図は、前ページと同じ図ですが、「40」と記載されている部分が、「40mmのかぶり厚」という意味で基礎立上り部分のかぶり厚を示しています。

かぶり厚

 かぶり厚は鉄筋の酸化予防とコンクリートのクラック防止に必要ですので、その寸法を確保する事の重要性を認識する必要があります。必要なかぶり厚をとれないと、耐久性の面で問題が生じることになるので、ここでのチェックはしっかりしておきたいところです。ちなみに、基礎の底盤に敷くサイコロの設置間隔は910mm以下としますが、実際にはもっと短い間隔で設置されていることも多いです。

< チェックポイント >
・鉄筋等
 かぶり厚
 補強筋(コーナー部・開口部)
 スリーブ
 逃げ配管の状態

○専門家に依頼するなら
住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査) 着工から完成まで複数回の第三者検査
住宅あんしん工程検査(建築中の1回のみ検査) 気になるときのみスポット検査 

知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^