住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

住宅購入にかかる諸費用

住宅売買の登記費用(登録免許税と司法書士の報酬など)

住宅を購入すれば、その所有権を取得して登記することになります。これが所有権移転登記で中古住宅の場合はこの登記です。新築住宅の場合は、建物を初めて登記するので移転登記ではなく保存登記となります。

この所有権移転登記は、土地と建物それぞれにおいて行いますが、マンションの場合は区分所有権の移転登記となります。

所有権に関すること以外では、抵当権の設定登記があります。これは、住宅ローンを借入するときに生じるもので、金融機関が自行の債権を保全するために設定するものです。購入する住宅を担保とするわけです。

登記費用とは、これら所有権移転・保存、抵当権設定などの登記に必要な費用です。登記費用の内訳は、登録免許税と司法書士へ支払う報酬、登記簿謄本の取得費用などです。

この登記費用は買主が負担するものですが、売主の住所変更に関する登記(登記名義人の表示変更登記))の登記費用は売主が負担します。

(住宅の売買に関する登録免許税)

登記費用


上記はあくまで登録免許税なので、これに司法書士の報酬額が加算されます。報酬額は司法書士によって異なります。「住宅購入や住宅ローン借入時の登録免許税の軽減」も参考にしてください。




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事