住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

住宅購入にかかる諸費用

団体信用生命保険料

住宅ローンを借り入れする際には、団体信用生命保険という保険に加入することが義務づけられています。フラット35の場合には、機構団体信用生命保険特約制度に加入しますが、同様のものです。

団体信用生命保険は、団信(だんしん)と略されて呼ばれていることが多いです。

この団体信用生命保険に加入すれば、住宅ローンの借入人が死亡したときに、保険金が出て住宅ローンの残金の支払いに充てることができます。通常、住宅ローンの借入人は家族の大黒柱ですから、大黒柱に万一のことがあったときには、住宅ローンのない住宅が残ることになります。

遺族の方にとっては大事なものですね。

金融機関がこの団体信用生命保険の加入を義務付けるのは、借入人が死亡しても保険料で融資残高を回収できるからです。借入人、金融機関の双方にとって大事なものということです。

団体信用生命保険は保険ですから、保険料が必要です。これが団体信用生命保険料です。この保険料は、民間金融機関で住宅ローンを借りるときには金融機関が負担しています(実質、金利の一部として支払っています)。フラット35の場合は、借入人が負担します。

その金額ですが、借入金額や返済期間などの条件によって異なります。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事