住宅購入にかかる諸費用

印紙税・印紙代(売買契約書・住宅ローンの契約書等)


印紙税とは、一定の文書に対して課税されるもので、住宅の取引のなかでは、売買契約書・建築工事請負契約書・住宅ローンの契約書(金銭消費貸借契約書)が該当する文書です。

印紙をこれらの契約書類に貼って消印することで納税します。住宅購入の諸費用の1つですが、費用であるため印紙代と呼ばれることも多い。 その金額は以下の通りです。

住宅売買の印紙代

売買契約書と建築工事請負契約書については、軽減税率が適用されるため、上記の軽減後の欄の金額です。住宅ローンの契約書(金銭消費貸借契約書)については、本則の方に該当します。

上記の軽減税率は、平成26年4月1日から平成30年3月31日までに作成される契約書が対象となっていますが、この軽減措置の期間はいつも延期されているので、時期が微妙な方は延期されていないか確認しましょう。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^