住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

住宅購入にかかる諸費用

住宅購入にかかる諸費用は大凡どれぐらいか

まずは、住宅購入の諸費用について大凡のイメージで把握してください。諸費用の総額は、物件価格(購入価格)の3〜8%程度です。なかなか幅が大きいですね。この%の幅の大きさは、仲介手数料という費用の影響です(仲介手数料については、別途、詳しく説明します)。

仲介手数料は、住宅の購入価格の約3%もあります。よって、この費用の有無の違いだけで上記のような幅が生まれやすくなるわけです。

つまり、仲介手数料がない取引(住宅の売買)の場合であれば、3〜5%程度の諸費用となり、仲介手数料がある取引であれば、6〜8%程度となります。これはあくまで目安ですので、個別の取引によって違いが生じることは頭に入れておきましょう。

  仲介手数料が不要な取引 : 3〜5%程度

  仲介手数料が必要な取引 : 6〜8%程度

仮に、購入する物件の価格が、4,000万円だとすれば、

  仲介手数料が不要な取引 : 120〜200万円程度

  仲介手数料が必要な取引 : 240〜320万円程度

となります。これは、本当に大きな金額ですね。そして、なかには不動産会社などが諸費用を誤魔化して多めに請求し、買主は気付かずに支払ってしまっているケースもあります。

確かに住宅の購入価格に比べれば大きくないですが、実際にはこれだけの負担があるわけですし、諸費用だからと言って二の次にせず、しっかりその内容などを把握するようにしましょう。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事