住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

新築一戸建て住宅の各工程の注意点とチェックポイント

床の施工(床組)の注意点とチェックポイント

 床組には根太を用いない剛床(根太レス工法)と根太を用いる工法があることを「構造躯体:床の施工(床組)」で説明しましたが、まずその工法の確認をします。

 土台、大引、束の位置を確認し、束のピッチ(間隔)が910mmであることをチェックします。なかには、束を使用しない住宅もありますが、将来的にたわんで床鳴りすることがないか施工者に説明を求めておいた方が良いでしょう。

 束は鋼製束が多いですが、ビスなどでしっかり固定されているか、固定状況をよく確認しておきましょう。ビスの確認は、束の下側(床面)もそうですが、上側(大引との接合部)も大事です。このビスが不足している現場を多く見かけますので、注意しておきましょう。

 火打ち材も鋼製のものがありますが、その位置や接合部の取付状況はチェックが必要です。

床の構造用合板

 剛床(根太レス工法)の場合、床の構造用合板の厚さが設計図書通りであるか確認し、さらに釘のピッチ(間隔)が150mmであるかも確認します。根太工法の場合は大引の上に設置する根太の施工状態、合板の厚さ、釘のピッチを確認しその品質や設計図書との照合を行います。



< チェックポイント >
・床組
 位置
 高さ
 床束の取付け
 束石の取付け
 仕口や継手の位置・接合方法・接合状態
 金物の状態
 火打ち
 構造用合板による剛な床組
 防腐措置・防蟻措置(塗布回数・塗布範囲)
 釘のピッチ
 合板の千鳥張り

○専門家に依頼するなら
住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査) 着工から完成まで複数回の第三者検査
住宅あんしん工程検査(建築中の1回のみ検査) 気になるときのみスポット検査 




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事