住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

新築一戸建て住宅の各工程の注意点とチェックポイント

基礎工事:基礎配筋の注意点とチェックポイント(2)定着長さと継手

 次に、基礎配筋の定着長さと継手についての注意点とチェックポイントです。一般の方には少し難しいかもしれません。

基礎コーナー部の定着長さ

 基礎のコーナー部分(隅角部:左写真)では立上り部分の主筋(水平方向)が重なる部分の長さ(定着長さ)が十分であるかを基礎の上端と下端の双方で確認します。

 定着長さは40dと言って主筋の径の40倍の長さが一般的です。主筋がD13(直径13mm)であることが多いのですが、この場合の定着長さは520mm以上必要です。但し、300mmとしていることもあり、各現場の設計の判断によります。


基礎の定着長さ

 上の図は基礎を真上から見下ろしたものですが、矢印の範囲が定着長さ(鉄筋を重ねている部分)です。基礎立上りの縦筋(垂直方向)や底盤(スラブ)も同様に定着長さを確認しなければなりません。以下が基礎を真横から見た断面です。

基礎立上りの定着長さとかぶり厚

配筋の継手

 また、鉄筋が足りなくなった箇所では新たに鉄筋を継ぎ足していくのですが、この部分を継手と言います。継手部分も鉄筋を重ねる必要があり、定着長さは40dとします。ですから、鉄筋の径が13mm(D13)ならば定着長さは520mmとしなければなりません。

基礎配筋の継手

 左の図が基礎の底盤(スラブ)の継手です。40dの範囲が重なっていますね。この部分が継手長さです。



 基礎配筋のチェックポイントは他にもありますので、続きは基礎配筋の注意点とチェックポイント(3)をご覧ください。

< チェックポイント >
 配筋の継手の位置
 配筋の継手の長さ
 配筋の定着長さ

○専門家に依頼するなら
住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査) 着工から完成まで複数回の第三者検査
住宅あんしん工程検査(建築中の1回のみ検査) 気になるときのみスポット検査 




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事