住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

新築一戸建て住宅の各工程の注意点とチェックポイント

基礎工事:基礎の立上り部分のコンクリート打設の注意点とチェックポイント

 基礎の立上り部分のコンクリート打設時の注意点やチェックポイントです。基本的には、底盤部分と同じようにチェックする必要があります。

型枠

 立上り部分にコンクリートを打設する前に、立上りの内側の面に型枠を設置しますが、その型枠の固定状況や並びを確認します。前回と同じように、型枠にゴミ等の付着物がないかも確認が必要です。左の写真で赤い板が型枠で、これは鋼製の型枠です。

 実は、型枠だけではなく鉄筋にも付着物がないか確認を要します。鉄筋に付着物があると、鉄筋とコンクリートの付着力に影響する可能性があるからです。


 そして、金物についてもコンクリート打設前にチェックしておきましょう。この時点でアンカーボルトを設置することが多いですが、そのアンカーボルトの位置が設計図書通りであるか確認します。上記の写真で立上り部分に垂直方向に出ている金物がアンカーボルトです。これらは、結束線等での固定状況も確認し、傾いていないかも見ておきましょう。アンカーボルトの埋め込み寸法が適切であるかも確認しなければなりません。

 次に、コンクリートです。底盤と同じようにJIS規格であるか確認します。ここでも納品書や配合計画書の確認をしておきましょう。コンクリートの打設時には、バイブレータで適切に作業されているか確認してください。そして、打設時に立ちあって確認できるならば、アンカーボルトが作業中に傾かないかも見ておきたいところです。

ジャンカ

 コンクリートを打設して、養生を終えれば型枠を撤去します。その撤去後には、コンクリート表面のクラック(ひび割れ)、ジャンカ、コールドジョイントを確認しましょう。但し、コールドジョイントまでは確認が難しいと想定されます(左の写真は、基礎のジャンカ)。



 このようなジャンカがあれば、早めに補修対応を求めなければなりません。

コンクリートの打継

 また、基礎立上りの天端が水平であるかも確認しなければなりませんし、基礎の底盤と立上りの打継面の状況に異常がないかも確認しておきましょう。打継とは、1度目に打設した底盤のコンクリートと2度目に打設した立上りコンクリートの境です。左の写真のコンクリート中央(水平方向)が打継部です。

 


 上の写真では既に土台が敷かれていますが、本来はこの次の工程となります。

コンクリートの幅の検査


 型枠の撤去後にも、アンカーボルトが傾いていないかは見ておく必要があります。そして、基礎の高さや幅が設計図書通りであるかも再確認しましょう。



< チェックポイント >
・型枠(基礎立上りの内側)
 設置状況(固定・並びに乱れがないか)
 ゴミ等の付着物(鉄筋の付着物も)
・金物
 アンカーボルトの位置
 アンカーボルトの固定
 アンカーボルトの傾き
 アンカーボルトの埋め込み寸法
・コンクリート
 JIS規格のコンクリートか
 バイブレータでしっかり締め固めをしているか
 クラック(ひび割れ)
 ジャンカ
 コールドジョイント
 天端の水平
 コンクリートの打継面の状況
 出荷伝票
 配合計画書
 基礎の幅・高さ

○専門家に依頼するなら
住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査) 着工から完成まで複数回の第三者検査
住宅あんしん工程検査(建築中の1回のみ検査) 気になるときのみスポット検査 




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事