住宅ローン・資金計画の体験談・失敗談に学ぶ

金利固定の銀行ローンを組みました


 ただ、内容をよく確認してみると、金利が変動制でした。景気の先行きがどうなるかよく分からず、今の様子をみれば、金利が上がるかどうかも分からない現代です。でも、この先何十年も払い続けることを考えれば、やはり固定金利の商品のほうが返済プランを決め易いと思い、一般家庭用の固定金利の商品でローンを組むことにしました。

 借り入れ額と月々の返済額に関しては、銀行の窓口の男性に言われたままで組みそうになりましたが、よく中身を確認すると、返済の期間が70歳までの設定になっていて、びっくりしました。

 年金を払いながら高額なローンを返済するなど、無理があります。銀行は商売ですから良いかも知れませんが、我が家にとっては良いことなど何もありません。

 そこで、窓口の方から勧められたプランよりもローンの借入額を減らして、月々の返済額を少しだけ増やし、定年で完済できるように組みなおして契約をしました。

 また、出るか出ないか分からない賞与は、返済計画には入れないようにしておきました。将来まとまったお金が必要なときも出てくると思うので、ローンに組み込まなくてよかったと思います。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^