リノベーション・リフォームの基礎知識・予備知識

住宅の履歴書を残そう!


 住宅が古くなるにつれて、様々な補修工事やリフォーム、リノベーションを行うことになります。築年数が経過すればするほどに、その過程の情報が正確に残らなくなりがちです。

 図面を紛失したり、途中で所有者が変わったりすれば、どこを、いつ、どのようにリフォームしてきたのか不明確になってしまいます。

 しかし、その後も住宅を長持ちさせるように、適切にリフォームしていく為には 、それまでの住宅の履歴はたいへん重要なものなのです。

 できれば、住宅の履歴書を作成し、
 「どこを、いつ、どのようにリフォームしてきたのか」
 わかるようにしておきましょう。

 新築時の仕様書・設計図はもちろんのこと、リフォーム・改修・補修の記録も残すようにしましょう。

 それぞれの年月・施工業者・設計者・工事等の内容もわかるようにしておきたいものです。もちろん、専門家による住宅診断(ホームインスペクション)も実施して、その結果も残すようにしましょう。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^