リノベーション・リフォームの基礎知識・予備知識

リノベーション(リフォーム)?それとも建て替え?


 

築年数が古い住宅ともなれば、リノベーション(リフォーム)するべきか、建て替えるべきかで悩まれるケースはかなり多いです。今までにも何度も建て替えかリノベーション(リフォーム)か?で悩まれる方から相談を受けました。

 これに回答すには、できるだけ正確に、その住宅の現状を把握する必要があります。耐震性や劣化状態をしっかり確認してから、判断すべきでしょう。その為には、やはり専門家による住宅の点検・建物調査が必要となります。もちろん、その住宅の点検・建物調査は建て替えやリフォーム工事とは関係ない中立的な第三者にしてもらいましょう。

 一般的には、リノベーション(リフォーム)の方がコストを抑えられる為に、目先のコストを重視すれば、リノベーション(リフォーム)を選ぶことになりますね。建て替えのような大量の産業廃棄物を出さずにもすみます。

 しかし、耐震性・耐久性に大きな問題ある場合には、大規模な補強工事が必要となり、かえって高くなることもあります。
そのような場合には、建て替えする方が良いと言えるでしょう。もし、地盤沈下しているようであれば、建て替えされることをお奨めします。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^