リノベーション・リフォームの基礎知識・予備知識

リフォーム業者は悪質なもの?


 「リフォーム」という言葉を聞いて、「悪質な業者が多そう」だと感じる方も少ないないでしょう。 実際にリフォームに関するトラブルは多く、私の会社にも多くの相談が寄せられています。

 しかし、大半が悪質というわけでもありません。一部の悪質な業者による被害が大きいため、そのようなイメージを持たれるわけです。ただ、リフォーム業者の無知や過失によるリフォームトラブルが多いことも事実です。

 実は、リフォームは新築よりも難しいものです。その難しさは、施主(消費者)にとっても請負会社にとっても同じです。何もないところに新築するのに比べて、たいへん複雑なものなのです。

  リフォームは既存の住宅の状態を正確に把握し、施主(消費者)の要望をうまく取り入れて、補修すべき点は補修しなければいけません。

 リフォーム業者の能力が充分なものでない場合は、トラブルに発展することもあるのです。それが無知や過失によるトラブルですね。悪意がなくても無知や過失によるトラブルも困りものですよね。

リフォーム業者

 また、リフォーム業は意外と簡単にできるものです。「営業だけして受注すれば、外部の工務店に外注するだけ」というなリフォーム業者も多数あります。これ自体がダメなわけでもないのですが、営業マンが無知であることが多く、調子の良いことばかりを言って受注してしまうとトラブルの原因になってしまうのです。

 そして、小規模なリフォームなら建設業の許可も不要です。500万円未満の工事だけであれば、建設業の許可を受けなくても良いということになっているのです。小規模なリフォームの場合も充分に注意して、リフォーム業者を選ばないといけませんね。

 そして、もっともトラブルが多いのは、飛び込み営業(訪問営業)によるリフォームです。

 「無料で点検しますから・・・」

という言葉にのせられて、自宅の点検を任せると、いろいろな不具合を指摘して、

 「早く補修しないとまずいですよ」
 「今なら30%の割引です!」

などと焦らせてリフォームを受注しようとします。雨漏りや床下・屋根裏の湿気・シロアリ・ひび割れなど、いろいろなことを言って不安を煽りますから、注意が必要ですね。飛び込み営業(訪問営業)のリフォーム業者とは契約しない方が無難だと言えるでしょう。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^