リノベーション・リフォームの基礎知識・予備知識

思いつきのリフォームには注意!


 よくあるリフォームの失敗例として、思いつきのリフォームがあります。

・表からよく見えるので、南側の外壁だけ塗装したい
・来客が多いので、リビングだけクロスを新しくしたい
・キッチンを入れ替えたい

 など様々な理由で様々なリフォームをしていくと、同じ箇所のクロスを短期間で2度も貼り直すことになったり、外壁を2度に分けて塗装した為に、劣化具合がことなり、色の違い目立ったり、、、

 時期をわけると、フローリングやクロスなどで、同じ製品がなくなっているケースもあります。やはり、その時の思いつきで、リフォームしていくのではなく、計画的にしていきたいものです。

 とはいえ、リフォームには緊急性を要するものもあります。例えば、雨漏りなんかはそうですね。

 ゆっくり時間をかけて計画を練っている間に、どんどん雨漏りの被害箇所が腐食していき、大きな補修工事が必要としてしまうことも考えられます。

 緊急性の高いものは、しっかり対応しておき、そうでない場合は、じっくり計画を練ってリフォームしましょう。もちろん、思いつきそのものが悪いわけではないですから、思いつきをきっかけに、じっくりリフォームを考えてはいかがでしょうか。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^