住宅の売却や買い替えの注意点・流れ

不動産の買取り(下取り)の注意点


 住宅を売却しようとして、不動産会社に売却金額の査定を依頼した場合に、不動産会社から買取りを提案されることがあります。他の買主を見つけるのではなく、不動産会社が買主となる話です。査定を依頼した不動産会社が買主となるケースに限らず、別の不動産会社を買主として紹介することも多いです。

不動産の買取り

 買取りのメリットは、「取引が早いこと」「近所に内緒で売買できること」「買い替えの場合にスムーズであること」などが挙げられます。売主としては、買ってもらえるのであれば個人の方でも不動産会社でもよいところなのですが、注意点があります。その注意点とは、買取りの場合は市場相場より安い金額となることが多いということです。

 買い取った不動産会社は、通常はその住宅を再販します。リフォームして綺麗にして販売することが多いです。買取りする不動産会社は当然ながら営利目的ですから、買ったり売ったりするときにかかるコストや取引によって得る利益を計算して買取り価格を提示します。コストや利益を考慮すれば、買取り価格が市場相場を下回るのは自然なことです。

 ただ、立地や敷地形状などの条件が良い物件であれば、リフォームして綺麗にすることで個人の売主が考えるよりも高く再販できる可能性もあるため、個別のケースを見ていくと買取り価格がそう安くないこともありえます。

 この点は個別に判断するしかないですね。買取りしてもらうメリットや売却事情などとも合わせて考慮してください。

 ちなみに、買い替えのために自宅を売却する方は、新しい住宅の分譲業者やハウスメーカー(その関連会社を含む)に自宅を下取りしてもらうこともあります。この場合は、この買取りのページで記載したことが言えることが多いでしょう。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^