住宅の売却や買い替えの注意点・流れ

住宅の売却価格と査定価格と売り出し方の注意点


○査定金額に惑わされないように

 複数の不動産業者に売却査定をした際に、なかには他社よりも高額な金額を提示されるケースがあります。しっかり査定すれば、それほど業者間の査定額の差がでることはないのですが、なかにはそういうこともあるのです。

不動産の査定価格と売り出し価格

 その金額を見て、「この不動産業者なら、高く売ってくれる」と期待して任せてしまう方もいらっしゃいますが、それは売却の依頼を受けたいと考える不動産業者や営業マンの狙いに嵌っている可能性があるので注意してください。

 買い手の立場で考えてみればわかりますが、相場よりかなり高い住宅を購入したいと考える人はいません。もちろん、多少の金額であればあり得ることですが、逸脱していては誰も見向きもしれくないものです。他社よりも明らかに高額な査定には注意が必要ですね。

 高額な最低額を提示する不動産仲介業者は、まずは売主からの売却依頼を受けるために査定金額をつりあげておき、しばらくしてから「なかなか反響が無いので、価格を下げませんか?」と提案してくる手法をとっていることがあります。

○売却価格を決めるときの注意点

 「いくらで売り出すか(販売開始するか)」は重要なことです。あまりに高すぎますと見向きもしてくれないですが、安くは売りたくない(できるだけ高く売りたい)ですよね?これは誰もが同じです。

 あまりに高い売り出し価格を設定しても、不動産業者が「売りづらい物件」だと考えて積極的に営業活動をしてくれないこともあります。ただ、広告に出ていれば、探している人の目に留まることはあるわけですが、高いので見学まで進まないことが多いでしょう。

 しばらくしてから、反響が少ないので下げてみようと考え、値下げして広告に載せてもらいますと、「この前の物件、値下げしたんだ」と気づく方も多いです。それでも反響が無い場合は再度の値下げです、、、

 こういった形で値下げを繰り返すことは、買主がよく見ていることです。「また値下げするのではないか」と考えて待っている方もいるかもしれませんし、「ここまで下がったのだから前向きに検討しよう」と考える方もいます。ただ、「もっと値下がりするのでは?」と考える人を逃しますね、、、

 不動産の売却方法において、何が正解だと断定できることはないですが、経験上、売り出し開始時が最もホットです。本気で売却したいと考えているならば、最初の売り出し時が大きなチャンスですので、このときに売れる価格帯で始めたいところです。もちろん、値段交渉が入ることが多いので、多少は高めの設定でも良いとは考えますが。買い手があってこその売却活動ですから、客観的な視点でも考えた上で売り出し価格を決めてください。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^