住宅購入・新築のQ&Aとアドバイス

工務店が倒産して別の工務店が建築する場合の注意点


Q : 自宅の建替えを工務店に依頼しましたが、土台を設置したところで工事がストップし倒産してしまいました。ようやく、新たな工務店が見つかったのですが、何か注意点はないでしょうか?

住宅の建築中に工務店が倒産することは少ないようで、実はよくあることです。建築業界は自転車操業をしている工務店も少なくないので、このような予期していなかった出来事に遭遇することもあります。

工務店が倒産すると、その工事を引き継ぐ工務店を探すのに苦労するものですが、今回は新たな工務店は決まったとのことですね。

注意点としては、新たな工務店が負う責任の範囲を契約書でしっかりと示しておくことです。

そして、新たな工務店も気にするところですが、倒産した工務店の工事の品質(施工精度など)をしっかりチェックしておき、問題があれば新たな工務店にその対処をしてもらいつつ工事を再開してもらわなければなりません。

無事に完成した後に、何らかの不具合などが生じた際にも、新たな工務店の工事に問題なかったかどうかが話し合いのテーマとなることもあるので、引継ぎ後の工事の記録(工事監理報告書など)も重要になってきます。

小さな工務店が引き継ぐ場合には、この記録が詳細に残されていないことも多いので、その点を新たな工務店との契約前によく確認しておきましょう。場合によっては、第三者の住宅検査を利用することで、安心感を高める方法もあります。第三者が検査して品質を維持し、且つ記録も残ります。

ただ、新たな工務店との契約の結び方は簡単ではありませんので、できれば弁護士に相談することも考慮した方が良いでしょう。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^