中古マンション購入の基礎知識と注意点

中古マンション購入の流れ


1.中古マンション購入の資金計画を立てる

  中古マンションといっても、高い買い物です。まずは、頭金をいくら用意できるか、
  月々いくらまでの支払いが可能かなどを検討する必要があります。

2.チラシ・広告を収集する

  現在の市場価格や物件情報などを知る。(新聞折込みや住宅情報誌など)

3.物件の現地見学をする

  現地を見学し、希望条件に適した物件か確認する。

4.物件を決定して、申し込む

  気に入った物件を決定して、申込金を支払う。
  このタイミングで第3者に相談、建物調査を依頼する。?

5.住宅ローンの仮審査

6.売買契約を交わす

  住宅ローンの仮審査が通ったら重要事項説明書の説明を受け、売買契約を交わす。
  手付金を支払う。
  売買契約を交わす前に第3者に売買契約書のチェックを依頼する。

7.住宅ローンを申し込む

  借入金額、借入方法、借入期間などを決めて申し込む。

8.登記し、残金を決済・引渡し

  物件の登記を行い、残金を決済する。

9.引越し
○専門家に依頼するなら
中古マンション建物調査

知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^