建築条件付土地(宅地)の売買の流れと注意点

建築条件付き土地を購入するメリット・デメリット


 新築住宅の購入を検討するなかで、当初は希望していなかった建築条件付きの土地を購入し、指定された工務店やハウスメーカーで家を建てるという選択肢が現実味を帯びてくることがあります。もしくは、当初はそういった取引があることを知らなかったという方もいらっしゃいます。

建築条件付き土地のメリット・デメリット

 そのときに、建築条件付き土地の物件を購入するかどうかを検討するためには、そのメリットとデメリットを理解しておき、自分たちにあった取引であるか考えなければなりません。ここでは、建築条件付き土地のメリット・デメリットについてあげていきます。

建築条件付き土地を購入するメリット

 間取りを変更したり、キッチンやフローリング材などのグレードをあげたり下げたりすることで、希望の住まいとすることが可能となります。これが建築条件付き土地と住宅建築の最大のメリットだと言えるでしょう。

 また、建築中に施工不良がないかチェックでき安心感を得ることができるのもメリットの1つです。但し、建築の専門知識が必要であるため、第三者の建築検査の利用も併せて検討するとよいでしょう。

建築条件付き土地を購入するデメリット

 メリットに対してデメリットを確認してみると、最大のメリットであるプランを自由に決められることを打ち消すようなものが並んでいます。建築条件付き土地にも様々なケースがあり、実質的にはプランを決められた建売住宅と何ら変わらないことも珍しくはありません。

 建売住宅でも、未完成物件であれば、クロスなどの内装材を変更できることは多く、これと同程度の建築条件付き土地の取引も多いのが現実です。本来ならば建売として販売したいが法規との関係で建築条件付きとして販売している物件では、ほとんどがこのようなデメリットがあてはまります。はじめから、注文建築の考えがなく建売住宅を購入するイメージの方であれば、この点のギャップはあまり気にならないかもしれませんが、注文建築で家を建てたい方には大きなデメリットとなるでしょう。

 住宅展示場でお気に入りのハウスメーカーを選んで土地探しをする過程で、建築条件付き土地に行きついたケースでは、ハウスメーカー・工務店を選べない(指定されている)点が大きなデメリットとなります。

 ここであげた建築条件付き土地を購入する場合のメリットとデメリットもよく把握して検討してみてください。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^