建築条件付土地(宅地)の売買の流れと注意点

建築条件付土地の建築条件を外すことができる?


 建築条件付土地の購入を検討している方から、「建築条件を外すことができるのでしょうか?」と相談されることがよくあります。

 土地の売買契約をする上での条件として提示されているものですが、取引の条件を交渉することは当事者の自由です。そして、交渉の結果、要望が通ることもあります。

 つまり、建築条件を外して頂けることも実際にあります。

 交渉事ですから相手あってのことであり、必ずということはありませんが、建築条件無しの土地が希望であれば、まずは売主へ打診しても良いでしょう。但し、多くの場合は断られますので、ダメもとで聞いてみると良いでしょう。

 建築条件を外して頂ける場合は、その別の条件として土地の価格を引き上げられることがあります。その理由は、建物で得る予定であった利益を土地の売買価格に載せることがよくあるからです。

 土地の売買だけでは、不動産会社もあまり利益を得ることができません。そのため、建物の請負代金で利益を得ようと考えることが多いです。

 しかし、建築条件を外すとなりますと、建物の請負代金から得るはずの利益を得られず、何のために土地を仕入れて分譲しているのかわからなくなります。

 そのために、土地の価格の引き上げを条件として建築条件を外してもらえることがあるのです。

 ただ、お金の問題だけではなく、住宅を建築・分譲する実績を増やしたいと考えることもありますし、また会社の考え・ポリシーなどによっては、どういった条件であっても建築条件を外さないこともあります。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^