住宅を購入する前に最低限、考えるべきこと

他人はどう考えているか?(住宅購入に対する意識)


住宅購入を考えるうえで、自分たち家族の考え方と世間のずれや他の人たちはどのように考えているのか気になったことはありませんか?一般的にはどんな考えでマイホーム探しをしているのか、もしくはそもそも住宅を買わないのかどうかといったことが、皆さんの住宅購入の参考になることもあるでしょう。

住宅購入に対する意識

ここでは、内閣府が公表している「住生活に関する世論調査(平成27年11月)」の結果について取り上げてみます。日本人1,736人が平成27年10月に回答したデータです。

住宅の所有についてどう考えているか?

平成16年に実施された同調査のときよりは、所有したいと回答した方が減少しているものの、日本人の4人のうち3人は所有したい(A)と考えていることがわかります。住宅所有に対する高い意識がわかります。ただ、年齢別の内訳を見てみると面白い点があります。

20〜30代で「所有したい(A−1)」と回答した割合は50%程度であるのに対して、40代以降は各年代ともに63%以上となっており、年齢による意識差が明確です。但し、「どちらかといえば所有したい(A−2)」も含めると20〜30代も所有に対する高い意識はあるようです。

所有したいと回答した方で、その理由は何か?

「同じところに住み続けたいから」という理由が飛びぬけているのは、少し意外な気もしましたが、高齢になるほどこの割合が高くなっており、高齢者にとって当然の考えでもありますね。ちなみに、回答者は70代が最も多いため、全体の割合が高齢者に引っ張られています。選挙と同じでしょうか、、

30代や40代では、「長い目で見ると所有したほうが有利だから」と回答した方も30%を超えており、年齢的に将来のことも考慮していることがよくわかります。

住宅・不動産業界では、リフォームやリノベーションが伸びると言われて久しいですが、「リフォーム(室内の改造や模様替え)などが自由にできるから」と回答した割合は低く、しかも平成16年の調査時よりも減少していました。これは若い世代でも数値が低く、リフォームに対する業界側の意識との差があるように感じられます。

所有する必要はないと回答した方で、その理由は何か?

上位3つの理由はよくわかりますが、そのなかでも「維持・管理のわずらわしさがないから」は思った以上に問題になっているのだと感じます。特に、一戸建ては全て自分で維持・管理しなければなりません。

住生活に関する世論調査は、この続きもありますが、今回はここまでにしておきます。こういった考え方には、地域差や家庭環境、勤務先などの要因もありますから、結局は個別の理由で判断していくべきことですが、世間の意識も1つの参考にして住宅購入について考えてください。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^