住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

建売住宅(新築一戸建て)購入のチェックポイント

窓の位置、目隠しも建売住宅のチェックポイント

 建売住宅は、もともと完成した物件を現地で見学したうえで購入するので、ここでお話しすることは一般の方でも簡単にチェックできます。いや、チェックする意識がなくとも気づくのではないでしょうか。

 しかし、契約してから建築する建売住宅も多いので、その場合には気をつけておかないと気づかないことになります。

窓

 隣の住宅などとの距離が十分にあればよいのですが、都心の住宅ではなかなかそうもいきません。そこで問題となることの1つが、窓の位置です。位置によっては隣の住宅などと互いに室内が見えてしまいますので、プライバシーが守られません。

 そこで、通常は住宅の計画段階で窓の位置が目の前にならないように位置をずらすなどの工夫をするものですが、なかにはそれが出来ていないことがあります。

 建物が完成していないと、それを図面で判断しなければなりません。隣が既に建っている建物であれば、図面と現地確認で場所を確認することになりますし、隣も完成前であれば互いの図面で確認しなければなりません。窓の微妙な位置関係は、図面だけでイメージしにくいため、注意してください。

 不動産会社の営業担当者によっては、「目隠しをつけるので大丈夫ですよ」と仰る方もいます。確かに、それでプライバシーはある程度、守られることになります。しかし、窓を設置する目的の1つは採光です。目隠しをつければ、その分、採光の面でマイナスになってしまいますね(採光がなくなるわけではありません)。もちろん、窓から外の様子を見れた方が良いという基本的な問題もありますので、やはり窓の位置は隣地も含めてチェックしておきたいものです。

○専門家に依頼するなら
新築一戸建て住宅診断(建売住宅の診断) 購入前
内覧会立会い・同行(一戸建て住宅) 購入後・引渡し前




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事