住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

リノベーション・リフォームの基礎知識・予備知識

中古住宅購入+リノベーション(リフォーム)

 この数年の間に、中古住宅を購入して自分でリノベーションやリフォームするという方が増えました。新築住宅を購入するのではなく、中古住宅を購入してリノベーションやリフォームです。

 良い流れだと感じています。

 新築住宅の価格が高騰したことも要因になっていると思いますが、中古住宅への意識が多少は変わりつつあるのかもしれません。

 そして、不動産会社が中古住宅を購入して、リフォームしてから転売するケースも増えています。

 中古住宅購入とリフォーム

 住宅の購入は、はじめに見た印象で購入の是非が大きく左右される為、販売する側の都合としては、不動産会社の方で先にリフォームして販売したいわけです。

 これを専門にする不動産会社もあるぐらいですから、ニーズもかなり大きいと言えるでしょう。しかし、消費者側にとっては、これはデメリットにもなります。

 リフォームをするということは、既存の住宅の一部を解体するということでもあります。解体した箇所は、普段なら隠れて見えない箇所まで確認することができるのです。これは、中古住宅を購入して自らリフォームする場合の非常に大きなメリットです。

 解体時点で問題があれば、それを補修することもできます。それによって、安心できるわけです。

 しかし、先に不動産会社がリフォームしているとなると、消費者が解体時点を確認することができません。これがデメリットなわけです。

 不動産会社が先にリフォームするという行為自体は何も悪くないのですが、どうしても隠れて見えない箇所への心配が残ってしまいます。できるだけコストを抑えたい立場の不動産会社が、少々の問題を隠してしまうのではないか?との疑念も残りますね。

 ちなみに、中古住宅を購入されるなら、契約前に住宅診断(ホームインスペクション)を行い、問題がないかどうかを調べておきましょう。この数年は、購入前の住宅診断(ホームインスペクション)を利用される方もかなり増えています。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事