住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

リノベーション・リフォームの基礎知識・予備知識

これからは住宅を長持ちさせる時代

 リフォーム市場が伸びる要因が揃っているように思われるのに、なぜ、思ったように伸びなかったのでしょうか。それは、日本人の住宅への意識の問題が原因の1つになっていると思っています。日本の住宅は、「30年前後で老朽化してしまい、建て替えるもの」というイメージが根強いです。

 「どうせ建て替えるのだから、あまりリフォームやリノベーションにお金をかけてももったいない」

 そのような意識があるように感じられます。

 長い間、住宅のスクラップ&ビルド(建てては壊す)を繰り返してきた日本ですが、それが徐々に変わろうとしています。

住宅を長持ちさせる

 欧米の住宅に比べて極端に短い日本の住宅寿命ですが、これが変わろうとしているわけです。ちなみに、欧米の住宅は国よって違いはありますが、50〜100年もの寿命があります。

 短期間で繰り返すスクラップ&ビルド(建てては壊す)は、資源の無駄でもあり、消費者の負担も大きいものです。国としても、今後は住宅の寿命を伸ばす方向で様々なことに取り組み始めています。

 新築住宅は、建築時から超寿命の住宅とすることを考え、計画・設計・建築されていくことになりそうです。中古住宅(既存の住宅)は、所有者が賢くメンテナンスしたり、リフォームしたりして、長く住める住宅としていく時代になることでしょう。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事