売買契約書チェック

契約前(購入前)に専門家が売買契約書類をチェックするサービスです。専門用語が多くてわかりづらい契約書を第三者にチェックしてもらって契約を安心して向けるための活用して頂けます。

売買契約書

売買契約書チェックを利用するメリット

  • 契約前に買主に不利な条件がないかわかる
  • 修正・追記等を求めるべき箇所がわかる
  • 売主・不動産会社へ確認すべきことがわかる

対象となる方や物件

  • 一戸建て・マンション
  • 新築・中古物件

売買契約書などの大事な書類を契約の当日に初めて見ても理解することは困難です。事前にチェックするべきでしょう。第三者のサービスを利用しない場合でも、必ず事前に書類を確認するようにしましょう。

売買契約書チェックの対象書類

本サービスで確認する書類は以下のものです。

  • 売買契約書
  • 重要事項説明書
  • 諸費用の概算書
  • 建築確認申請書・確認済証(新築の場合)
  • 登記事項証明書(土地・建物)
  • 地積測量図
  • 公図
  • 建物図面(登記されたもの)
  • 住宅地図

買主に不利な条文がないか、不利な特約や特記事項がないか、記載しておくべきなのに記載のないことがないか等をチェックしなければなりませんが、これを買主が自らチェックするのは難しいでしょう。そこで第三者の専門家が買主の立場で売買契約書類をチェックするサービスが「売買契約書チェック」です。

詳細な内容(料金・報告書サンプル・調査内容など)は以下のアネストのホームページでご確認ください
> 売買契約書チェック <
^