建築工事請負契約書チェック

建築工事の請負契約前に専門家が建築工事請負契約書類をチェックするサービスです。施主(発注者)に不利な内容となっていないか確認することができます。

請負契約書チェック

建築工事請負契約書を利用するメリット

  • 契約前に施主(発注者)に不利な条件がないかわかる
  • 修正・追記等を求めるべき箇所がわかる
  • 建築会社へ確認すべきことがわかる

対象となる方や物件

  • 文建築で家を建てる方
  • リノベーションする方
  • 一戸建て、マンション(リノベーションの場合)

建築工事請負契約書などの大事な書類を契約の当日に初めて見ても理解することは困難です。事前にチェックするべきでしょう。第三者のサービスを利用しない場合でも、必ず事前に書類を確認するようにしましょう。

建築工事請負契約書の対象書類

本サービスで確認する書類は以下のものです。

  • 建築工事請負契約書
  • 約款
  • 設計図
  • 見積書

但し、設計図及び見積書はその内容の審査や妥当性チェックをするものではなく、その存在やどういった書式のものが施主(発注者)に渡されているか確認するものです。

なかには、約款がなく請負契約書にその一部を記載している程度のものも多いです。特に、建築条件付き土地を契約してから建物の請負契約を締結する場合にはよく見られます。これは建売住宅に近い感覚で取引しようとしているケースなのですが、それでも最低限必要なことが請負契約書に記載されているかチェックしておかなければトラブルの基となってしまいます。

詳細な内容(料金・報告書サンプル・調査内容など)は以下のアネストのホームページでご確認ください
> 建築工事請負契約書チェック <
^