住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

リノベーション・リフォームの基礎知識・予備知識

リノベーション・リフォーム市場は意外と伸びていない

「これからはリフォームの時代」
「リフォーム市場は今後、大きく伸びる」

 このようなことが言われて久しいです。

 日本には、築20年や30年を超える住宅が多数存在しており、これらの住宅が大規模な修繕や改築などが必要な時期に差し掛かっているため、このようなことが言われてきました。もちろん、築10年程度でも比較的小規模なリフォーム(補修・取替え工事)のニーズが生じてくることもあります。

 また最近では、「そもそも住宅を長持ちさせるべき」「欧米では築50年や100年の住宅も多い」などといった意見もあり、日本の住宅も長持ちさせるためにリフォームやリノベーションが増えていくべきだといった論調になっています。

 単に建物や設備などが古くなったから、リフォームを行うというだけではなく、家族構成の変化(誕生・独立など)やより良い機能(快適さ)を求めて、間取り変更などを伴うようなリノベーションやリフォームをすることも多くあるでしょう。

 いろいろな条件・事象を考慮すれば、リフォーム市場は大きく拡大していくはずだと思われます。

 しかし、実際には、リノベーション・リフォーム市場はそれほど伸びていません。2009年から2013年にかけてはやや伸びているもののの、2000年から2009年にかけてはむしろ縮小しているほどです。

リノベーション・リフォーム市場

 上記は矢野経済研究所が作成したグラフの引用(引用元)です。2009年の後は市場が回復しているのがわかりますが、2000年に比べて伸びているとは言えません。リノベーションやリフォームの市場が拡大していくべき理由はあるのですが、まだそれほどではありません。

 リノベーション・リフォーム市場が伸びるからと、多くの異業種企業が参入しましたが、それほどうまくいっていないのが現状です。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事