住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

中古住宅購入のチェックポイントと注意点

中古住宅購入と購入後のリフォームの注意点(2)漏水・ひび割れの事例

 シロアリの事例では、たまたまアネストに住宅診断を依頼していた経緯があったので、連絡をいただいたことをきっかけにリフォーム業者の悪事がわかりましたが、気付かずに不要な工事をしている方も少なくないことでしょう。

 シロアリ以外でも、床下の排水管から水漏れしているという話があったが、確認に伺うとそのような被害は全くなかったり、不要な換気扇が床下に大量に設置されているというので住宅診断時の床下の写真を確認すると1つもなく、お客様ご自身でも潜ってみたところ何もなかったり、、、

床下の診断

 ちなみに、床下の換気扇は、換気状態が悪い住宅に対して設置することもありますが、悪質な業者が明らかに過度な数を設置することがあります。そういった被害にあっている住宅なので、換気扇を取り外すべきだと業者が言っていたそうです。1つもないのに、、、

 また、外壁面の軽微なひび割れ(構造的に何ら影響のないヘアークラック)をもって耐震性の不安を煽って耐震補強を提案していいたケースもありました。

 中古住宅の購入とリフォームはセットになっているようなところがありますが、リフォーム業者次第では不要な工事を提案されたり、実施されたりして被害にあう可能性があるので十分に注意する必要があります。

 少し変わった事例としては、リフォーム業者がリフォーム工事のミスを隠ぺいするために、元々の異常だったと主張したこともありました。

 外構の補修工事を依頼されたリフォーム業者が、塀の基礎部分をなぜか破壊(ありえない!)してしまい、明らかにその破壊工事によって塀が大きくぐらついているにもかかわらず、元々塀がぐらついていたと、、、

 基礎を破壊しておいて、そのような子供のような言い訳をするなんて、、、しかし、一般の方にはこの言い訳ももっともらしく話をされると信じてしまうこともありますし、それもやむを得ないことかもしれません。現地確認の後に、説明するまでリフォーム業者の説明をそれほど疑ってはおられませんでした。

 建築や不動産は、専門的な知識を有することが多く難解であるため、一般の皆様にはなかなか適切な判断はし辛いものです。そこをついてくるリフォーム業者は多いため、リフォームには信じられないようなことが起こりうるので、注意して頂くしかないですね。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事