住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

中古住宅購入のチェックポイントと注意点

中古住宅(一戸建て)購入の流れと注意点

 中古一戸建て住宅を購入するときの一般的な流れと注意点についてお伝え致します。

中古住宅購入の流れ
1.物件を見学する
 ・複数物件の比較検討をする。
 ・「全ての物件を取り扱えるので他の業者に行く必要はない」と言われても
  他の業者にも物件紹介を依頼する。
2.購入の申し込みをする
 ・申込時は申込書に記入・提出する。
 ・申込金(申込証拠金などの別称あり)を支払う(10万円程度)。
 ・売主や不動産仲介業者から「他の買主がいる」などと焦らされることが多いが
  じっくり検討する。
 ※契約前に第三者の専門家による住宅検査(住宅診断)を利用する人が増えている。
 ※契約前に第三者に売買契約書類のチェックを依頼することも検討する。
3.住宅ローンの仮審査を申込する
 ・仮審査をしないこともある。
 ・仮審査の結果は絶対ではない。
 ・複数の金融機関で仮審査することもある。
4.売買契約を締結する
 ・契約前に重要事項説明を実施する。
 ・瑕疵担保責任の有無など重要なポイントをよく確認する。
 ・手付金を支払う(売買価格の5〜10%が多い)。
 ・契約後はキャンセルすると手付金が返金されない。
 ・申込後、すぐに契約をするよう迫られても焦らない。
5.住宅ローンの本申込をする
 ・契約後、速やかに申込みする。
 ・複数の金融機関に申込することもある。
 ・金融機関によって総返済額が大きく異なるので、よく比較検討する。
6.住宅ローンの承認を得る
7.残代金の支払いと引渡し
 ・住宅ローンで借入た資金を売主にすぐに支払う。
 ・金融機関で手続きを行うことが多い。
 ・所有権の移転登記を同日に申請する。
 ※契約前に第三者の専門家による住宅検査(住宅診断)を利用していない方は、
  このタイミングでの実施を検討する(瑕疵担保責任の期間内が良い)。
8.リフォーム
 ・引越し前にリフォームする人は、リフォーム業者に依頼する。
 ・リフォームの見積りは、必ず相見積もりをとり比較検討する。
9.入居(引越し)
売主または買主が買い替えである場合などは、上記と異なる流れになることもあります。




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事