建売住宅購入の素朴な疑問

建売住宅を購入しましたが建売でも内覧会(竣工検査)はある?


 建売住宅を購入(契約)した方から、「建売ですが内覧会はあるのでしょうか?」と質問をお受けすることが何度もあります。ここでいう内覧会とは、買主による引渡し前の竣工検査のことで、建物の施工品質を買主の立場でチェックして悪いところ(不具合や施工ミスなど)があれば指摘し売主に補修対応してもらう機会です。購入前に内見する機会とは別ものです。

建売の内覧会(竣工検査)

 建売住宅を購入される方のなかには、内覧会は注文建築の場合にのみあるものだと誤解されている方がいらっしゃいますが、実際にはそうではありません。購入する物件の施工品質をチェックするのは注文建築でも建売でも関係ないですから、建売でも内覧会でしっかり買主の目で検査してください。


 売主によっては買主から「内覧会(引渡し前の買主の竣工検査)の機会をもうけてください」と要望しないと内覧会をしないこともあります。これは売主の不誠実によるものですが、買主としては高額な買い物の検品をせずに代金全額を支払ってしまうようなものですからちょっと危険ですね。

 必ず引渡しを受ける前に内覧会を行うよう要望すべきですし、契約前にそういった機会を設けてくれるか確認しておくとより良いでしょう。また、内覧会で買主が建物の施工品質を自らチェックするのは難しいため、第三者の専門家(一級建築士など)に内覧会への立会いを依頼するのも方法です。
○専門家に依頼するなら
新築一戸建て住宅診断(建売住宅の診断) 購入前
内覧会立会い・同行(一戸建て住宅) 購入後・引渡し前

知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^