住宅購入の流れ・注意点 〜地盤と住宅購入編〜

新築の建売住宅の地盤


 新築の建売住宅の場合、通常は地盤調査を行い、その地盤調査結果によっては地盤改良工事を行ったうえで、住宅を新築します。

 ですから、建売住宅を購入する際には、契約前に必ず、地盤調査報告書を確認しましょう。但し、一般の方が地盤調査報告書を見て理解するのは難しいので、同時に売主から地盤の状態についてしっかり説明を受けるようにしましょう。

建売住宅の地盤

 もし、地盤が弱い場合(住宅を新築するには不十分である場合)には、適切な地盤改良工事を行う必要があります。この地盤改良工事を行った物件であれば、地盤改良工事報告書も確認する必要があります。もちろん、この内容も売主から説明して頂くようにしましょう。

 売主としても、地盤が弱い(軟弱地盤)であるにも関わらず、適切な地盤改良工事などをしなければ、地盤沈下して建物に被害が出た場合に責任を負わねばなららないので、地盤調査結果に応じた地盤改良工事などを行うのが常識です。

 しかし、地盤改良工事は、数十万円から数百万円もかかるため、コストダウンのために地盤改良工事を行わないケースも見られます。地盤調査報告書のなかに、「表層改良などの地盤改良が必要」などの表現があるにも関わらず、地盤改良工事を行わないようであれば、納得できるまで売主に説明を求めるようにしましょう。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^