住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

住宅ローン・資金計画の注意点・基礎知識

フラット35の特徴・利用条件・注意点

< フラット35の特徴 >

○最長35年間の長期固定金利の住宅ローンで、適用金利は融資実行時の金利になります。保証料・保証人とも不要で繰上げ返済手数料は無料です。

○職業による制限がないので、会社員はもちろん、自営業者・派遣社員などでも安定収入があれば借りられる可能性が高いです。

○利用できる住宅は、住宅金融支援機構が定める技術基準に適合し、適合証明書の提出が必要になりますので、基準に合う住宅なのかどうかも重要なポイントです。

< フラット35の利用条件 >

○利用できる方
・申込時の年齢が満70歳未満
・フラット35とその他の借入金を合わせた全ての借入金の年間返済額の年収に占める割合が次の基準を満たしている方。

フラットの年収基準

○ 利用できる住宅
・住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合している住宅
・住宅の床面積が以下の住宅
・一戸建て住宅などの場合:70u以上 ・マンションなどの場合:30u以上

○借りられる額
100万円以上8,000万円以下(1万円単位)で、建設費または購入価額の90%以内

○借りられる期間
15年以上でかつ次の(1)または(2)のいずれか短い年数が上限
(1)80歳−申込時の年齢(2)35年

<フラット35の注意点>

○借りられる額が建設費又は購入価額の90%以内(平成26年度から100%となる予定で検討)なので、民間金融機関独自の住宅ローンを併用する場合以外は、自己資金が購入価額の1割以上必要になります。商品内容はどこの金融機関でも同じですが、金利や事務手数料は金融機関によって異なりますので比較検討が必要です。

○団体信用生命保険への加入が任意であるため、加入する場合には、別途、団信特約料の支払いが必要です。さらに、保険料は同額の保障だと民間保険会社のほうが安い場合も考えられるため、比較検討するようにしましょう。

<フラット35Sの活用>

 省エネルギー性・耐震性・耐久性及び可変性・バリアフリー性などに優れた住宅を取得する場合、借入金利を一定期間引き下げてくれる商品がフラット35Sになります。ただし、フラット35Sの募集には予算金額があり予算金額に達する見込みとなった場合は受付が終了しますのでご注意ください。

フラットの金利

<フラット豆知識>

○長期優良住宅の認定を受けた住宅については、借入期間の上限を50年とするフラット50という商品があります。

○セカンドハウスの取得や住宅ローン借り換えに利用することができます。

○フラット35を親子リレー返済で利用する場合は、満70歳以上の方も申し込むことができます。

○平成26年度から融資額の条件が10割となり、頭金なしでもフラット35を利用することができるように検討されています。


長谷剛史



住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事