住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

住宅購入の心構え7箇条

やっぱり契約書は大事

いろいろなことに注意しながら、住宅選びを進めていき、物件を絞ればいよいよ売買契約を結ぶことになります。注文住宅で家を新築するならば、建築工事請負契約ですね。

さて、その売買契約や建築工事請負契約の内容を把握、もしくはリスクチェックをして契約締結している人はどれだけいるでしょうか。

契約書には様々な取り決めが書かれています。そのなかには、買主にとって不利なこともあれば、その逆もあります。なかには、支離滅裂な契約書だってあり、日々の仕事のなかで私自身も驚かされることもあるのです。

ある意味、面白いのは、買主にとって不利な契約内容となっていたとしても、何もトラブルなく取引が進んでいき、今も問題なくその住宅で生活している方が多いことです。

つまり、何もトラブルが無ければ、どんな契約書だって良いのです。しかし、契約書とは何か問題が生じたとい、トラブルが生じたときのために作成していると言っても良いでしょう。もしものときのために、買主にとって不利になることがないか確認しておき、そういったことがあれば契約前に修正しておかないといけません

住宅売買の関するトラブルは、この契約書次第で被害を大きくも小さくもできるのです。

○専門家に依頼するなら
売買契約書チェック




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事