住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

建築前の建売住宅の購入の注意点

建築前の建売住宅購入の基本的な売買契約の流れと注意点

 建築前の建売住宅を購入するときの売買契約の流れについて説明します。建築前の建売住宅を購入する場合は、物件によって様々な進め方があるので少しややこしいと感じるかもしれません。まずは、本来の流れ(基本的な流れ)について説明します。以下のような流れとなります。

 1.購入の申し込み
  「その物件を買います」という意思表示です。

 2.土地と建物の売買契約の締結と手付金の支払い
  土地と建物を1つ売買契約書で契約します。

 3.建物の建築工事を開始

 4.建物が完成

 5.買主の竣工検査(内覧会)
  買主が完成した建物が契約通りか、工事品質に問題ないかをチェックします。

 6.残代金の支払いと引渡し

 上記が本来の流れです。

 注意点としては、上記2の売買契約を結ぶ前に、建物のプラン・仕様について設計図書でしっかり確認しておくことが大事です。また、買主による竣工検査は引渡しを受ける前に必ず実施しなければなりませんので、この点も注意してください。売主によっては、買主から要望しないと買主の竣工検査(=内覧会)の機会を設けないこともあります。第三者に竣工検査の立会いを依頼することもできます。

 次に、イレギュラーな取引の進め方について説明します。あくまで、本来は上記の流れですので、上記の通りに進めて頂きたいのですが、不動産業者や取引によっては別の進め方をすることもあります。1つ目は売買契約のまき直し(再締結)についてです。

○専門家に依頼するなら
新築一戸建て住宅診断(建売住宅の診断) 購入前
内覧会立会い・同行(一戸建て住宅) 購入後・引渡し前




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事