住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

FP 長谷剛史の住宅コラム

住宅ローンの保証料の意味とポイント

 住宅ローンを組む場合、様々な諸経費がかかりますが大きな比重を占めるのが保証料になります。それでは、そもそも保証料とは?なぜ支払わないといけないのか?どういう仕組みになっているのか?疑問をお持ちの方が多いのではないでしょうか?

 住宅ローンは個人で高額な借り入れを行い返済期間が長期に及ぶため、本来、金融機関は連帯保証人を確保したいと考えます。なぜなら、もし返済が滞った場合でも、債務者と連帯保証人のどちらに請求しても良いので貸したお金が返ってこないというリスクを避けられる可能性が高いからです。

 連帯保証人は、債務者の返済能力に関わらず債務者と同じ返済義務を負うことになります。例えば、住宅ローンの返済請求を先に連帯債務者にされた場合でも、まずは債務者に請求してくださいとは言えないことになっています。ですので、借り入れが多額で返済が長期に及ぶ住宅ローンの連帯保証人を見つけることは極めて困難になります。

 そこで、住宅ローンでは連帯保証人の代わりに保証会社の保証を付けることによって、金融機関は返済が滞った場合のリスクに備えています。一般的には、保証会社の保証を付けることが住宅ローンの借り入れの条件になります。

 保証料で一番のポイントは、住宅ローンの返済ができなくなって代わりに保証会社が金融機関に返済したとしても、返済義務がなくなるわけではない点です。住宅ローンの残高がなくなるのではなく、一時的に立て替えて支払ってくれただけで、返済相手が金融機関から保証会社に替わるだけなのです。保証料は連帯保証人を付けなくてもよい手数料と考えたほうがよいでしょう。

 次に、この保証料はどれくらいの負担になるかと言うと、借入額3,000万円35年返済で約60〜70万円です(保証会社によって金額は変わります)。この金額を一括で支払う方法、金利に上乗せして支払う方法の2種類ありますが、総支払額は一括で支払ったほうが安くなります。

 この大きな負担をなくするために、ネット銀行に多い保証料不要の金融機関を選択する方法、保証料が元々不要のフラット35で住宅ローンを組む方法があります。ただし、保証料が不要の代わりに手数料が高くなるケース、フラット35で住宅ローンを組むと団体信用生命保険料を支払う必要があるケースも考慮する必要があります。つまり、金融機関及び住宅ローン選びは、金利・保証料・手数料・団体信用生命保険料等トータルで考えることが大切になります。


長谷剛史



住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事