住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

FP 長谷剛史の住宅コラム

金利ミックス型の住宅ローンはおススメか(比較と解説)

 住宅ローンの金利タイプは大きく「全期間固定型」・「固定金利選択型」・「変動金利型」の3つがあり、どのタイプを選択するのがベストか悩ましいところです。住宅ローンは全額を同じタイプで借り入れする必要はなく、2つの金利タイプを併用する「金利ミックス型商品」という選択肢もあります。

 組み合わせとしては「全期間固定型+固定金利選択型」・「全期間固定型+変動金利型」・「固定金利選択型+変動金利型」が考えられ、それぞれの割合も50対50や70対30等の割合で組む方法もあります。

(例)住宅ローン3,000万円を35年返済で組んだ場合の当初の毎月返済額の比較

住宅ローン:金利ミックスの比較表

 全期間固定金利と変動金利を比較した場合、一般的には変動金利のほうが当初の金利が低くなり毎月返済額を抑えることができます。変動金利の割合が高ければ高いほど、毎月返済額は少なくなり家計に余裕が生まれます。逆に、借入金全額を全期間固定金利で組んだ場合、毎月返済額は多くなりますが今後の金利上昇の影響を受けることはありませんので安心感があります。

 金利ミックスで組むと、ある程度の安心感を得つつ、毎月返済額を減らすことができるメリットがあります。ただし、今後金利が上昇すれば、全額全期間固定金利にした場合よりも、毎月の返済額が増え総返済額も増えるデメリットがあります。

 また、金利ミックスで契約した場合、1つのローンの中で組み合わせる場合もありますが、一般的には金利タイプごとに契約書を作成することになりますので、事務手数料や印紙税・抵当権設定にかかる費用等が多くかかります。

 つまり、金利ミックス型商品には、メリットとデメリットがあります。変動金利を少しでも組み入れると金利上昇リスクはなくなりませんので、しっかり対策を立てておく必要があります。最終的には、どのように住宅ローンを組むのかは、教育費やご夫婦の収入等家計の状況によりますので、本当の安心感を得るためにはライフプラン=将来計画をきっちり立てた上で検討されることをおススメします。


長谷剛史



住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事