住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

荒井康矩の住宅コラム

信頼できる不動産業者で住宅探しは難しい

 住宅の購入相談をしておりますと、よく聞かれることの1つに、

 「良い不動産業者さんはどこでしょうか?」
 「信頼できる建売住宅はどの会社のものでしょうか?」

といった類のものがあります。つまり、信頼できる不動産業者が販売する、もしくは建築する住宅ならば安心だろう、と考える方が多いわけです。これは一般消費者としては、当然の考えだと思います。しかし、現実的には会社で判断して住宅選びをすることは難しいでしょう。その理由は2つです。

 1つ目は、本当に何もかも信頼できる不動産業者はないと言えるからです。極端な表現になってしまいますが、住宅購入の取引の流れ、取引を進めるペース、適切なアドバイス、そして間違いのない施工、、、

 これらを全て完璧にやり遂げる不動産業者があれば、信頼できると言えるかもしれません。しかし、現実にそのような不動産業者を見たことがありません。

 消費者サイドが、不満を持つことになった事象(例えば、見学から申込み、契約までの段取りが悪いとか、工事に施工不良があったなど)の発生原因は、不動産業者の悪意ではなくミスによることの方が圧倒的に多いからです。

 また、売る側と買う側では利害が対立することがしばしば起こるため、不動産業者としても常に消費者の立場に全力投球できません。たとえ概ね善良な不動産業者であってもです。

 しばしば、「買主の背中を押してあげることが不動産業者の役割」などと言うことが業界人から聞かれますが、こういった表現を利用して強引な営業を正当化していることも少なくありません。

 そして、施工不良に至っては、営業マンは全く何も知らずに販売していることが多数を占めます。営業マンに深い建築知識を求めるのは酷ですし、今の業界事情や事業主、建築会社の体制からいって施工不良を無くすのは無理があります。

 悪意ではなくミスが多いこと、売る側と買う側の利害対立が多いことから、本当に信頼できる不動産業者は皆無と言っても良いのではないでしょうか。もちろん、本当に努力されている会社や担当者も多くいることは間違いありません。

 2つ目の理由は、不動産は基本的に唯一のものだからです。気に入った物件があったとして、その売主が信頼できない場合、消費者の都合で売主に代わってもらうことはできません。では買わずに他の物件を探そうと考えても、また良い物件にめぐりあえるかはわかりません。

 1つ1つの不動産には、オリジナルの条件があり、唯一の存在です。その売主が信頼できる会社でないならば、、、と強く考えすぎていると購入できないことになってしまいます。

 何も信頼できない会社であっても買ってしまおう、と言いたいわけではありません。気に入る物件と信頼できる不動産業者がマッチするものを探すと、それだけ購入できる率が下がってしまうということです。

 既に所有している土地に、建物を建築してもらう場合は、そのエリアに対応するハウスメーカーや工務店のなかからじっくり選ぶことができますが、土地と建物を一体で購入する場合には不動産業者の信頼性にこだわりすぎると住宅購入がより難しくなります。

 元々、前述したように完璧に信頼できる不動産業者の存在はほぼ期待できませんし、存在していてもそれを判断する術はありません。また、上記のような理由もあることですので、売主や仲介の不動産業者があまりひどくないかの確認はするとして、それ以上のことは専門家のサポートでフォローしておくのも方法ではないでしょうか。


荒井 荒井 康矩
住宅コンサルティング会社の経営者

住宅の購入相談、ホームインスペクション(住宅検査・住宅診断)を行う(株)アネストブレーントラストを経営している。

住宅検査・住宅診断のアネスト



住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事