住宅購入の心構え7箇条

住宅の引渡しまで気を抜くな


住宅の売買契約または建築工事請負契約を結ぶと、次の大きなイベントは引渡しです。住宅の引渡しの際には、同時にその代金の残金を支払うことが一般的です。これによって、所有権が買主に移るというわけです(多くの取引で)。

この引渡しの直前は本当に大事な時期です。購入した住宅が契約通りに、しっかり施工されたものであるかどうかを確認しなければなりません。残代金を支払ってしまう前に確認し、その補修をしてもらう機会です。残代金の支払いが先になってしまうと、不動産会社や工務店の対応が遅くなったり、しっかり補修対応してくれなかったりという事例がよくあるので、注意が必要です。

しっかり引渡しを受けるまでは、気を抜かないようにしたいものです。新築住宅の場合は、この引渡しの前に第三者に建物を検査してもらうことも1つの方法で、最近はそうされる方が本当に多くなりました

中古住宅であれば、このタイミングより契約前の方が良いですね(新築も契約前が理想ですが)。

契約すれば終わりではなく、引渡しを受ける前の確認(検査など)もしっかり対応してください。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^