築年数で見る中古物件購入のメリット・デメリットと注意点

築10年の家(中古住宅)を購入するときの注意点、築10〜15年の特徴


 中古住宅の購入を検討するときに、できれば築年数が浅い物件を探したいと考える方は多いです。築5年程度のものもそうですし、築10〜15年程度の物件も対象として探す方は多いです。ここでは、築10〜15年の中古物件のメリットやデメリットについて見ていきます。

築10年の住宅を購入するときの注意点

築10〜15年の家(住宅)を購入するメリット・デメリット

○メリット

○デメリット

 築年数が10〜15年の建物は、まだ築年数が浅い方だと考えられます。もちろん、築5年程度の建物に比べて劣化が進んでおり、特に壁クロスや床フローリングの劣化、また外壁面の劣化などが目立ち始めます。

 築年数の割に住宅診断(ホームインスペクション)をしていると、この築年数の割に劣化が進みすぎているのではないかと感じる物件も少なくありません。そういう意味では中古住宅選びの目利きが重要だと言えます。

 日本の住宅は新築時からどんどん建物の価値が下がるため、築10年を超えると新築で同規模の物件を購入するよりも買いやすい価格帯であることが多いです。内装等のちょっとしたリフォームをすることで快適に暮らすことができるのも、築10〜15年の物件の魅力(メリット)です。

 ただ、この築年数では、購入後にまだ値下がりが続くことが一般的です。値下がりによる資産価値の減少があることは理解して購入判断すべきでしょう。もちろん、築5年程度の築浅物件を購入するよりは値下がり巾が小さいと言えます。

 この年代のものは、購入後にいろいろなメンテナンスが必要となること多いため、購入時(できれば購入前)にしっかりチェックしておき、必要な補修工事のことも考えておきたいものです。

築10〜15年の家(住宅)の特徴と購入時の注意点

 中古住宅を購入する時には注意しておきたい売主の瑕疵担保責任についても契約前に確認が必要です。築20年を超えると売主の瑕疵担保責任を免責、つまり売主が責任を負わないとするケースが増えますが、売主や不動産仲介業者によっては、築10〜15年程度の物件であっても免責としていることもあります。

買主としては、売主の瑕疵担保責任がある方が望ましいわけですから、引渡から2〜3ヶ月の瑕疵担保責任期間を設定して頂くよう交渉したほうがよいでしょう。

 築10〜15年ぐらいの中古住宅を購入する上で注意すべきことの1つは、建物の状態の確認です。まだ築年数が浅くとも、建物の劣化が著しく進んでしまっているものもあり、その症状によっては購入後すぐに大きな補修コストの負担を強いられることもあるのです。

 やはり、築年数相当程度の劣化状態であるかどうかは大事なことですから、第三者の住宅診断(ホームインスペクション)を活用して建物の状態を把握するように努めましょう。できれば、床下や屋根裏の状態もしっかり見て頂くことをお奨めします。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^