住宅診断(住宅検査)会社選びの注意点

住宅検査(住宅診断)は何の経験を大事にする?


ホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)は、机上の学習や現場研修だけでできるほど甘いものではありません。やはり、様々な経験がものをいう技術的、専門的な仕事です。必要な資格としては建築士が推奨されますが、建築士であれば良いというわけでもありません。

求められる経験は、新築住宅の設計工事監理といった業務、または現場管理もその業務の仕方次第では活かせるものです(但し、現場管理だけで設計や工事監理の経験がなければ厳しい)。

なかには、商業ビルや官公庁施設、都市計画に主に従事してきた方が、ホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)を始めることがあります。しかし、これは全くの畑違いです。「大きなビルをいくつも担当してきた。木造住宅なんて簡単です」などという方にお会いしたことがありますが、その大きな違いすらもわからないのかと愕然としたものです。

また、主に内装工事をやってきたという方もいらっしゃいますが、全くの畑違いです。ホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)は、その対象となる住宅やタイミングにもよりますが、建物の構造に関する部分を診断することが多いです。また、これこそ消費者に求められているものです。内装工事の経験ではあまりに無理があります。もちろん、店舗内装の設計・監理でも無理があります。

あくまで、住宅の設計、工事監理の経験が大事です。そして、中古住宅のホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)であれば、リフォームの設計や工事監理の経験も活かせます。但し、リフォームと言いましても内装だけではダメですね。

今までに行ってきた業務経験は、本当に大事なことですので、ホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)の会社や人選びでは重視してください。


知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^