住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

住宅診断(住宅検査)会社選びの注意点

住宅検査(住宅診断)に建築士の資格は最重要

ホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)をするために義務付けられた資格はありませんが、知識の裏付けとして関係する資格の保有は望ましいです。ホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)は、ときには建築関連法規の知識も必要となりますし、設計や工事監理といった経験も必要となります。

これらの知識、経験という意味では、やはり建築士の資格保有が望ましいです。

建築関連の法規など(建築基準法など)は、建築士が普段から仕事で深くかかわるものです。建築士の資格をもつことは、普段からこういった法規にかかわっている可能性を示唆するものです。

そして、「住宅検査(住宅診断)は何の経験を大事にする?」でお伝えした設計や工事監理といった経験を継続的に得るには、やはり建築士の資格が必要です。建築士でないとやってはいけない業務だからです。

つまり、必要な知識や経験を得ている可能性がある資格として建築士が挙げられるわけです。よって、建築士の資格があれば大丈夫というわけではないですが、最低限のラインとして建築士を持っていることをホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)を行う人を選ぶときの基準としましょう。

ちなみに、建築士にも一級建築士、二級建築士、木造建築士と種類があります。木造住宅であれば、二級建築士と木造建築士でも大丈夫です。利用される皆さんの安心感という意味では、一級建築士のイメージが良いようですが。

ホームインスペクション(住宅診断・住宅検査)を利用する目的の1つに安心を得たいというものもあることが多いので、一級建築士に絞られても良いかもしれません。





住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
  • 広告募集
注目記事 注目記事