住宅のメンテナンスの殿堂

専門家のアドバイス例 : クロス


 クロスの継ぎ目やはがれ、建具の反りなどはこれから発生することが考えられます。特に、クロスの継ぎ目の開きなどはこれから発生することの方が多いものです。半年後、一年後などの定期点検の際にそういった不具合を確認のうえ修繕を申し出ていただければ、その時に対応していただけるはずです。?

 壁クロスの下地には通常石膏ボードがあります。壁の下地材等が無い場所に釘・ネジ等を打ち込んでも全く力を発揮しません。壁下地材の確認をしてから、釘・ネジ等を打ち込んで使用してください。石膏ボードに穴を開けてしまうと、非常に直しにくく目立ちます。お気をつけください。
知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^