住宅あんしん工程検査(建築中の検査)-検査1回

建築中の新築住宅の検査サービスです。第三者の一級建築士がお客様の希望のタイミングで検査を実施することができます。例えば、基礎配筋、建物の構造躯体、金物、断熱工事、防水工事、そして完成時の検査などです。

基礎配筋検査

検査回数は1回でも複数回でもOK

建築中の住宅検査は、ご希望のタイミングで1回のみ実施することも、複数回の検査を実施することもできます。必要に応じて、都度、追加することも可能です。

検査を実施するタイミングの事例

  • 基礎配筋工事の検査
  • コンクリート打設後・土台敷き工事の検査
  • 上棟後・金物取付後の構造部分の検査
  • 防水工事の検査
  • 断熱工事の検査
  • 壁下地材の検査
  • 完成時の検査

上記はあくまで検査タイミングの事例です。気になる点、ご不安な点をお伝え頂ければ、適切なタイミングでの検査を提案させて頂くこともできます。

上棟後の検査

建築中の住宅検査の対象となる方

  • 新築住宅の建築中の方
  • リフォーム・リノベーション工事中の方
  • 工事の品質・精度が心配な方
  • 欠陥工事、施工ミスをされていないか心配な方
  • 第三者の意見を聞きたい方

検査を利用して頂く場合は、工事中の敷地内への立ち入りのため、建築会社の了解を得て頂く必要がございます(通常は了解を得られるものです)。必要な図面等の資料は内容にもよりますので、都度、ご案内致します。

検査についての詳しいご案内は以下のページにてご覧いただけます。

住宅検査の詳細な内容(料金・報告書サンプルなど)は以下のアネストのホームページでご確認ください
> 住宅あんしん工程検査(検査1回のみの方) <
> 住宅あんしん工程検査(複数回の検査の方) <
^