住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

新築一戸建て住宅の建築工事の流れ

床の施工(床組)

 床組(床の施工)について説明します。床組は上棟後に施工することが多いですが、現場によって順が異なることがあることを認識しておきましょう。

 床組には、根太を用いない剛床(根太レス工法)と根太を用いる工法があります。最近は、水平方向の力に強いと言われる剛床(根太レス工法)の住宅が多いです。

 まずは、1階の床組の施工からです。大引をまだ施工していない場合は、この段階で施工します。910mmピッチ(間隔)で90〜105mm角の大引を設置していきます。この大引は下から束(鋼製束が多い)で支えます。

火打ち梁と根太

 次に、火打ち土台も施工していきます。この火打ち土台は斜めに施工する斜材(左写真)で、地震等による水平方向の変形を防止するためのものです。ただし、床組が剛床(根太レス工法)である場合には、火打ち土台を設けないこともあります。

 左の写真は根太がある工法です。


 火打ち土台は木製が多いですが、なかには鋼製のもの(火打ち金物)もあり、その設置位置のバランスには配慮が必要です。

火打ち土台の位置は「木造軸組工法(在来工法)の構造と各部の名称」を参照

 そして、その上に合板の設置です。剛床(根太レス工法)であれば、厚さが24mmか28mmまたは30mmの構造用合板を土台に釘で打ちつけていきます。このときの釘のピッチ(間隔)は150mmで、構造用合板の周囲に打ちます。

 根太工法であれば、大引の上に根太を施工し、その上に厚さ9〜12mmの合板を設置していきます。このときの根太のピッチ(間隔)は303mmが多いです。

○専門家に依頼するなら
住宅あんしん工程検査(建築中の住宅検査) 着工から完成まで複数回の第三者検査
住宅あんしん工程検査(建築中の1回のみ検査) 気になるときのみスポット検査 




住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • 住宅ローンの一括申込
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事