住宅購入(一戸建て・マンション)、住宅ローン、住宅検査・診断(ホームインスペクション)・リフォームの注意点、アドバイスを専門家が提供する住まいのサイト

家の修繕が大切

住まいの資産価値を考える

資産価値を維持させるのに修繕は不可欠なものです。何ら修繕もせず、資産価値が落ちるままにしておくと、ある時点で建物の価値がゼロかマイナスになり、大きな損失を生みます。

家の修繕

例えば、1000万で建てた家が雨漏れするようになり、その修理に100万かかるとします。100万を投じれば元に戻るわけなので、資産価値は900万(土地分を除いて)と計算できますが、実際は雨漏れする家にお金を払って住みたいという人はいないので、実質的な価値はゼロとなってしまいます。100万の価値下落が1000万の損失となるのは単純にはそういったケースです。

家の修繕

修繕に費用はかかりますが、家の価値がゼロになることを考えると有効な「投資」と言えます。そもそもメンテナンスが行き届いた家に暮らすこと自体が快適なわけなので、自分にもメリットがあります。

もし、家を誰かに貸して住んでもらっているなら、快適になる分だけ高い賃料をもらえる可能性があり、それも自らの利益となって返ってきます。費用のやり繰りができさえすれば、修繕は当然にやったほうがいいということになります。

修繕にはお金がかかるという認識がまずは必要です。その中で、どうすれば安くできるかなどをよく検討すべきですが、それ以前に資金計画にも気をつけたいところです。

どうしてもまとまったリフォーム資金が必要になることがありますが、もし手元に現金がなければ、ローンを組むしかありません。ただし、教育費などの人生のほかのイベントとのからみや、突発的に収入が減ってしまうことも考えなければなりません。変動金利が上昇して、家のローンの返済が苦しくなることもあります。すなわち、リフォームのタイミングが重要なのです。


コラム執筆者 : 藤木哲也(株式会社エアリーフロー代表、家修繕ドットコム総合監修)
↓ 家の修理・リフォームなど費用や方法がすぐ分かるポータルサイト ↓
家修繕ドットコム



住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

住宅診断

専門家へ相談&専門家サービス 専門家に相談 専門家のサービス

住宅購入・新築等に関する各種相談(面談・メール相談)

  • 住宅診断
  • ハウスメーカーへ資料請求
  • 専門家を募集
  • 広告募集
  • 専門家に無料相談
  • 家づくりの相談
  • 住宅診断
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
ジャンルで記事を選ぶ ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート 第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事 注目記事