住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)


中古住宅 基礎部分のクラック
【全員に質問】
けんじ 2022/01/11   
■ ご相談・ご質問の内容

はじめまして。

リフォーム済みの中古住宅の購入を検討しているのですが、基礎部分のクラックがどうしても気になり質問させて頂きたいと思います。

築23年でダイワハウス施工、軽量鉄骨造、2階建ての再生再販業者が売主の中古住宅です。内装、外装はリフォーム済みの為、ぱっと見は綺麗に仕上がっています。しかし外回りの基礎部分を一周回ると数カ所にクラックが見られました。そのうち添付写真の箇所は水平方向に分岐してあり太さも0.3㍉以上はあるかと思います。

もう一つ気になるのが基礎は通常垂直だと思うのですが、この物件は全体的に垂直ではなく下から上に向かって若干膨らんでいるように感じます。

売主の方にも回答を求めていますが、返事待ちの状態です。



わかりづらい説明ですが皆様のご意見お願い致します。
1件のコメントが投稿されています(1-1を表示)。
No.1  石神 昭二 2022/01/15   
 写真を拝見するとひび割れの巾は0.50mmと見受けられます、また横方向にもひび割れが見られます。従いまして基礎強度へ影響を及ぼす不具合と考えます。

 床下へ進入して床下側を検証すれば、同じ位置に同様のひび割れが生じている可能性が考えられます。

 ひび割れの原因は、コンクリートの収縮・コンクリート工事の施工不良・地盤強度の問題による住宅の不動沈下等が挙げられます。

 建設時の図面(基礎の図面を含む)及び地質調査資料を確認する事をお勧めします。

 基礎はコンクリートの上に仕上モルタル塗が施工されていると思われますので、当該ひび割れが仕上モルタル塗の可能性が考えられますので、補修工事はひび割れに沿って巾100mmの範囲のモルタルを剥がして、コンクリートにひび割れが生じてないかを確認する必要があります。

 対策としてはひび割れの内部に補修剤を注入する工法が適しております。この様な補修を施工した上にモルタル塗の再施工を強くお勧めします。

 不同沈下が原因とすれば床・壁の傾斜が起こりますので、ひび割れの状況と併せて調査が必要です。

 不動産会社と利害関係のない建築士に調査を依頼してはいかがでしょうか。
石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 
利用規約
相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談
知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^