住宅購入・新築を専門家へ無料相談(掲示板)


ベタ基礎での転圧機、アンカーボルトの傾き
【専門家に質問】
匿名 2020/12/19   
■ ご相談・ご質問の内容

ベタ基礎での質問が、2つあるのでお願いします。



1つ目は、転圧機についてです。

砕石を敷いたあと、転圧にプレートランマーという

機材のみ使われておりました。

それも、往復とか無しで、一度かけただけで、終わりでした。

これで、実際問題、大丈夫なのでしょうか。

あとで、調べると、転圧には、タンピングランマーやバイブロコンパクターが必要との情報もあり、心配になっています。

それと砕石も細かい砂利で、表面を覆ったくらいしか

厚みがなかったです(5cmあるかどうか)。



二つ目は、アンカーボルトですが、真っ直ぐ垂直に

立っていないところが、何箇所かありました。

写真のように。

家の工法は、ツーバイシックスですが、

このアンカーボルトの傾きがあっても、

基本的に、大丈夫なのでしょうか?



よろしくお願いします。


1件のコメントが投稿されています(1-1を表示)。
No.1  石神 昭二 2020/12/19   
 基礎工事の中で砕石敷き工事についてですが、相談者様のお手元に設計図があるのであれば基礎の図面を参照して下さい。

 

 基礎コンクリートの下に砕石敷きの厚さが表示しておりますが、一般的な厚さは100mmですので、図面寸法を確認して下さい。



 質問文に厚さが50mm程度とありましたが、写真があれば図面と異なる施工として施工会社へ指摘できると思います。



 また砕石敷きの転圧ですが、相談者様のお手元に地質調査報告書がありますでしょうか。地盤調査の結果について調査会社の「考察」という欄があります。その中の記述に地盤・砕石敷きの転圧についてコメントがあります。



 施工会社は調査会社の考察通りの施工が必須ですので、この点についても施工会社へ指摘できると思います。



 アンカーボルトはかなり傾斜しております。この後の工程で基礎の上に基礎パッキンが設けられ、そこへ土台が載せられます。

 

 傾斜したアンカーボルトは土台を敷設する際に垂直に補正します。この作業を台直しと呼びますが、施工会社の施工品質管理の中に、アンカーボルトの傾斜の許容範囲を規定があれば、その規定の提示を施工会社へ強く要望して良いと考えます。



 アンカーボルトの傾斜の許容範囲について、砕石の厚さ及び転圧工事の施工状況については、工事を中断して、施工会社の設計監理者の所見を提示する事を要望して下さい。そして相談者様の納得のいく説明を要望して下さい。




石神 昭二(一級建築士)
住宅診断(ホームインスペクション)のアネストで住宅検査・診断を担当
住宅購入相談、住宅診断・検査(ホームインスペクション)、内覧会同行を行っている。首都圏、静岡・愛知の一部を担当。
< 相談・質問・コメントに返信を投稿する >
■ ハンドルネーム(空欄の場合は「匿名」と表示されます)
■ 写真のアップロード(自分で撮影したものに限定)
■ コメント
 
利用規約
相談の投稿 住宅診断(ホームインスペクション)
住宅購入相談
知りたいことが見つからないときはここで検索


ジャンルで記事を選ぶ
  • 住宅診断
  • 家づくりの相談
  • 住宅ローンの返済シミュレーション
  • 住宅ローンの金利一覧
  • 一級建築士の募集
  • 広告募集
ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ

ジャンルで記事を選ぶ 第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート

第三者の専門家の住宅サポート
  • 不動産業界の裏話
注目記事

注目記事

注目記事
^